Artista Impresso : これ写真なの?と思わせる写真から絵画へ簡単に変換してくれるiPhone /iPadアプリ。質感の再現もすごい!

Artista Impresso iPhone/iPadのフィルター系アプリと言えば、まず名前が出てくるJixiPix Software。Simply HDR [iTunes]などを筆頭に様々なフィルター系アプリを出しています。そのJixiPix Softwareから新しいアプリが登場。今回は、写真をここまで絵画にしてしまうかというほど凝っています。キャンバスの質感もこだわって作られているので、普通にプリントされたものを見ると、絵うまいねと言ってしまうかもしれません。

サポートサイトは下記になります。
Artista Impresso
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。iPhone、iPad の両方に対応しています。
Artista Impresso – JixiPix Software

Artista Impresso


 JixiPix Softwareのアプリは共通して同じ操作なので、他のJixiPix Softwareのアプリを使っている方はあまり迷わずに使うことができるところが利点です。またJixiPix Softwareのアプリは全部、元の写真と同じオリジナルのサイズそのままで出力してくれるのもうれしいところです。
Artista Impresso 最初にアプリを起動すると、画面下にGet Photoというアイコンが表示されるので、そこをタップしてから始めます。その際、写真アルバムやカメラのアクセス許可のメッセージが出るので許可してください。Get Photoのアイコンをタップするとカメラを使うか写真アルバムから取りこむが指定ができます。カメラを選んだ場合は撮った後にこのアプリに取り込まれます。
 そして取り込んだ写真はすぐにフィルターがかかり絵画のような写真が表示されますが、画面下のサムネイルをタップすることで様々なフィルターをかけ絵画らしく仕上げることができます。なお写真の部分はピンチアウト・ピンチインで拡大・縮小が可能になっています。

 まず一番下にはサムネイルでフィルターを見ながらタップすることでそのフィルターが写真に反映されます。左右にスライドさせれば多くのフィルターが確認できます。そしてその上にある「Alla Prima」と「En Plein Air」の2つタブがあり、タップすることで切り替えることができます。「Alla Prima」は肖像画や静物画に適していて、「En Plein Air」は
有名な印象派の芸術家によって作成された8色のパレットを使って主に風景画に適しているそうです。これがワンタップでできてしまいます。

Artista Impresso Artista Impresso

 タップだけでなく、もっと自分で調整したいという場合も大丈夫。「Alla Prima」と「En Plein Air」の2つタブの上にあるアイコンをタップすることで更に細かい設定が可能になります。たとえばブラシのサイズや、キャンバスのスタイル。拡大すると本当に描いているっぽい感じがします。

Artista Impresso Artista Impresso

 さらにパレットの変更や、指定した楕円の部分を細かく指定することもできるので、写真ではなくなってしまう感覚があります。

Artista Impresso Artista Impresso

 さらに仕上げとしてあるartistic finishはテクスチャを重ねることでより絵画っぽく仕上げてくれます。ここまでやられると、このアプリ用に風景写真や、古風な建物など撮りに行きたくなります。

Artista Impresso Artista Impresso

Artista Impresso 完成したら、家のアイコンをタップして保存します。この保存も写真の保存だけでなく、設定したいろいろなフィルターや調整の値も一緒にプリセットとして保存でき、呼び出しは「Alla Prima」と「En Plein Air」のタブの一番右に保存したプリセットが表示されるのでタップすることで反映させることができます。プリセットは長押しして×が表示されたら×をタップして削除することができます。
 他の機能としては、写真の比率を自由に変えれたり、マシカクにすることもできます。できあがったものは写真とは思えないくらい絵になってしまうので、水彩画にしてくれるWaterlogue [iTunes]と同じように面白いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…
  2.  松屋で1月14日から販売開始の「シュクメルリ鍋定食」を食べてきました。鍋というだけあってかなり体が…
  3.  Appleから新年を祝したフォトコンテスト「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレン…
  4.  昨年は年末ギリギリでインフルエンザにかかり、計画していた予定が総崩れで締めくくった年でした。改めて…
  5. ※喪中につき新年の挨拶はありません。  2020年の元旦は、1年のやることや、やりたいことなどを考…
  6.  少し前に財布を購入した記事を書きましたが、その中で紹介したTileの話になります。Appleから紛…
  7.  インフルエンザにかかってからの記録記事になります。これからの時期、外出&人が多い場所に行くことも多…
  8. 小さい財布探し  PayPayのiPhoneアプリが出てきたあたりから、いろいろと財布の持ち方も変…
  9.  今までの会社生活で一度もインフルエンザにかかったことのなかった私が、この度インフルエンザA型に感染…
  10.  11月の終わりにアレを予約しました。そのときの予定日が1ヶ月後ということで、ちょうどクリスマスとい…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る