iOS 8のカメラアプリが真っ先に気になった!その機能をサラッと見ていきましょう。

  • 2014/9/18
  • iOS 8のカメラアプリが真っ先に気になった!その機能をサラッと見ていきましょう。 はコメントを受け付けていません

Camera7 iOS 8が登場しました。夜中に起きてアップデートしようと思ったら空き容量6GB近く必要ということで、いろんなものを消してまた消しての作業をしてたら時間になり出勤。という状態でした。まだ全部の機能は見ていないですが、iPhone 5sでiOS 8のコンビとして特に不満と言えばFacebookのアプリが重いと感じるくらいであとは気に入っている方が圧倒的に多いです。ここらへんも記事にできたらしたいと思います。
 それで今回の標準のカメラアプリ。機能が増えています。
 ただ今日アップデートされたVSCO Cam® [iTunes]が先を走ってて、撮影時にシャッタースピードを変えたり、マニュアルフォーカスができたりと早くもiOS 8の機能を使っているところで楽しくなりました。しかしながらそこはまだまだこれからカメラアプリも出てくるでしょうから今回は置いといて標準のカメラアプリの話になります。

iOS8カメラ 撮影のカメラの機能としては、タップしてオートフォーカス・露出、長押しでフォーカスと露出のロックは変わっていませんが、更にフォーカスの横に太陽のマークが出ています。この部分を上にスライドさせると写真が全体的に明るくなり、下にスライドさせると暗くなります。明るくした写真と暗くなった写真で何が変わったのか別のアプリでEXIF情報を見てみるとISO値が変わっていました。
下はISO 50~上は2000になります。

 画面の右下のアイコンをタップするといろんなフィルターのかかった写真がリアルタイムで撮影できます。ただ普通に撮ってあとからフィルターをかけることもできます。


 仕事帰りに暗くなった外での撮影写真の比較です。ISOが上がると当然ノイズが目立ちますね。iPhone 6 Plusならかなり綺麗に撮れるような気がしました。
(私はiPhone 6の予約ですけど)

iOS 8カメラ iOS 8カメラ

iOS 8 カメラタイマー そしてうれしい機能のタイマー撮影です。集合写真を撮る時などにも便利です。画面の上にある時計アイコンをタップするとオフ(通常)、3秒、10秒が設定でき、3秒、10秒にしたときには、撮影するときにシャッターボタンを押すとカウントダウンが始まります。そのとき、カメラの横にあるフラッシュがカウントダウンで点滅してくれます
 さらに嬉しいのは、ただ時間がきて1枚パシャッと撮るのではなく10枚連続のバースト撮影をしてくれます。集合写真でひとりだけ目をつぶった人がいたりするとその人はツライです。これでそういうこともなくなりそうです。

 そして下にあるシャッターボタンの上にある文字の部分を左右にスライドさせると、写真、ムービー、スローモーション、スクエア(マシカク)、パノラマが撮影できていましたが、今回からタイムラプスが撮影できるようになりました。早送りしているような動画も面白いと思います。固定したままで空を撮ってると雲が流れる様子も動画にできます。そんなときには下のようなホルダーと三脚があると便利です。

iphone用三脚ホルダー デジカメスタンド スマホ対応 モバイル iphone5 アイフォン5 クネクネ三脚

 また意外と知らない人が多かったりするのがパノラマ撮影。パノラマに切り替えると矢印が出てきますが、矢印の部分をタップすると反対側になります。なので左右どちらからもパノラマ撮影は可能ですし、ちょっと面白い趣向としては縦にパノラマなんかもどんな写真になるかやってみるといいかもしれません。

iOSパノラマ iOSパノラマ

iOS8 カメラ傾き そしてカメラの左下のサムネイルをタップすると編集モードに変わります。まず写真の傾きですが、90度ずつだけでなく、微妙な角度調整ができるようになっています。90度ずつの回転もできますし、アスペクト比を指定してカットもできます。

 そして前からあったフィルターをかけることもここからできます。今回は更に微調整ができるようになりました。
 正直、他のカメラアプリの編集機能が不要になるくらい機能が入っています。

iOSカメラ編集 iOSカメラ編集

 これから出てくるカメラアプリはもうフィルターだけというのも物足りない感じで、更にとげのあるようなとがったエフェクトや、ぶっとんだ機能などが付いていないと面白くないかもしれません。iPhoneのカメラですから、普通を求める場合は、記念写真で十分で、今回のタイマー機能で十分だと思います。ロモなどのトイカメラ系ももうかなりの量が無料で出ていますし、アート的な部分で他と違った観点や機能で勝負するカメラアプリがどんどん出てきてほしいです。

撮影 私が普段、ストリートフォトなどを撮る場合は、圧倒的にこの撮り方です。iPhoneのスイッチON画面右下のカメラアイコンを上までスライドさせるとカメラがすぐ起動するので、そこでシャッターボタンを押して撮っています。加工したかったら後で。という感じです。日本では音の鳴らないカメラアプリが流行っていますが、私は個人的にシャッター押したら音がならないと嫌いで、料理のときとか音が鳴ると恥ずかしいと思うのであれば撮らない派です。
 撮り方も自分で決めてすぐ撮れるような形を作って置くと面白い写真が撮れるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  M1 MacBook Airを購入し、届いてから約2ヶ月。開封よりも先にやることが多くて、今週、月…
  2.  1週間ほど間が開いてしまいましたが、前回のiPhone 12 Pro Max用のMomentケース…
  3.  だいたい年末くらいには届くことを想定していたのですが、ホリデーシーズンのセールがあったせいか生産が…
  4.  気分によって、普段持ち歩くiPhoneの壁紙を変えたいという人は多いかもしれませんが、私もそのひと…
  5.  ここ最近は、以前欲しかったけど在庫無しで買えなかったものが復活していることが多くて嬉しいかぎりです…
  6.  ずっと在庫切れだったものが買えたことは、年始に報告しましたが、届きました。Anker Magnet…
  7.  今年の初売りセール。Amazonはある程度、自分の中では抑えたほうだと思います。ユニクロ、昨年もお…
  8. 1月2日から始まったAmazonの初売り。今年は無駄なものは買わないと思いつつも、あっコレ必要とい…
  9.  前回からの続きになります。前回はMOFTのウォレットスタンドだけ紹介しました。今回は、Apple純…
  10.  MOFTから登場したMagSafe対応のマグネットでiPhone本体や、MagSafe対応ケースに…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る