Camera360 Concept – HelloCamera : 片手で簡単に、いろんなエフェクトの写真が気持ちよく綺麗に撮れるカメラアプリ。保存している写真の加工もOK!

Camera360 Concept - HelloCamera 以前にも Camera360に関しては以前レビューしたことがあり、それが縁でこのアプリの開発者様からお礼やいろいろな情報などいただきました。今回は有料版の方のCamera360を紹介します(最後に少し無料版の方の紹介もあります)。このカメラアプリすでにApp Storeのランキング上位にいるカメラアプリなのでご存じの方も多いと思います。使い方さえ分かればすごく操作が便利で、風景、ポートレート(自撮り)、食べ物、夜景の写真などいろんな用途で使えるカメラアプリです。

サポートサイトは下記になります。
HelloCamera-Inspire you
App Storeでは写真/ビデオカテゴリーにあります。
Camera360 Concept – HelloCamera – PinGuo Inc.

 レビューではiPhoneを縦にしていますが、横でも撮影は可能です。

Camera360

 このカメラアプリの一番の特徴は片手でも操作できるようにシャッターボタンの周りに回転するエフェクトの切替メニューがあることです。シャッターボタンの周りを指で回しながらなぞるとメニューが切り替わります。自動のAUTO、風景などのScenery、自撮りや人物撮りなどのPortrait、食べ物を撮るFood、写真では無いようなArt、夜景撮りのためのNight、様々なエフェクトがあるStill Objectがあります。

Camera360 Concept - HelloCamera メニューを回してシーンを選択した後は、更に画面を左右にスライドさせるとエフェクトを切り替えることができます。
 但しAUTOを設定した場合には切り替えはありません。またArtを選択した場合、こちらは撮った後にエフェクトを選択することになります。
 また撮影時にフレームを変更することができます。画面の右下のアイコンをタップしていくとフレームがころころ変わります。
 なお、これらのエフェクトは撮る時に(Art以外)ライブエフェクトで、カメラを構えた時にそのエフェクトがかかった状態で見ることができるので撮影するときにエフェクトを確認しながら撮影もできます。

Camera360 Concept - HelloCamera そして撮影時に欲しい機能としては露出とフォーカスが別々に指定できることですが、このアプリにもあります。
 操作は他のアプリ同様、画面上で、2本指でタップすると露出とフォーカスが分かれます。あとはスライドさせてあげればそれぞれ別々に移動させることができます。
 なお撮った写真は画面の左下にあるサムネイルをタップすると見ることができますが、ここから更に写真を管理・編集することができます。
 ちなみにこのアプリで撮影した写真のサイズは1632×1224px(iPhone 5sの場合)になります。

Camera360 Concept - HelloCamera 画面の左下のサムネイルをタップすると管理画面になります。ここはiPhoneのカメラロールと一緒で、このアプリ単体で写真を管理しているということはありません。この画面から写真を更にエフェクトをかけたり、共有したり削除したりすることができます。
 そして画面の下に3つのアイコンがあり、ここは後述しますが、左から写真をまとめて1枚にするPuzzle、真ん中は写真の表示方法(1枚ずつorタイル表示)が変更できます。一番右側は設定になります。

Camera360 Concept - HelloCamera ここから写真の再編集を行う場合は、写真を1枚ずつの表示にした際の右上にある魔法の杖のようなアイコンをタップします。
 画面の下がメニューになり、エフェクトの指定や切り取り、回転、コントラストや露出、ハイライト、色温度などの設定もここからできるようになっています。フレームの切替や、ボケの設定もできかなり機能は豊富です。
 気にいった写真ができたら、画面の右上にあるSaveボタンをタップするとカメラロールに保存できます。

Camera360 Concept - HelloCamera Camera360 Concept - HelloCamera Camera360 Concept - HelloCamera

 
 上の画面の下にあるメニューの中にあるFace Fixというアイコンですが、エフェクトでPortrait以上の機能があります。両目と口のの位置を指定して調整することができます。更にエフェクトをかけることができます。自撮りなどにも便利です。

Camera360 Concept - HelloCamera Camera360 Concept - HelloCamera Camera360 Concept - HelloCamera

 またArtは撮った後にエフェクトを指定することができますが、ポスターのようなエフェクトであったりスケッチ風など変わったエフェクトがあります。

Camera360 Concept - HelloCamera Camera360 Concept - HelloCamera Camera360 Concept - HelloCamera

Camera360 Concept - HelloCamera そして管理画面の下のメニューあった3つのうち一番左のパズルは、数枚の写真を選んで1枚の写真にすることができる機能です。パターンは数種類あり、更にフレームもおしゃれなものが揃っています。いろんな写真を合わせたいときに便利です。

Camera360 Concept - HelloCamera 同じく画面下の一番右にある設定では、シャッターボタン以外のところをタップしても撮れる自撮りに便利な全画面シャッターや(ボリュームシャッターも使えます)、写真を共有するためのサービスやフレームの設定が可能になっています。Soundとありますが、シャッター音は鳴ります。
 友達と写真を撮りあったり見せ合ったりなどの用途では十分すぎる機能だと思います。これからiPhoneで写真をやろうかなと思っている人や、ちょっといろいろ写真の微調整したいというときにも編集機能にある程度揃っているので、便利なカメラアプリだと思います。

 このCamera360は無料版もあり、こちらはアプリをインストールした後、エフェクトはダウンロードする形です。(フリーのエフェクトばかりです。)Camera360 Ultimate Camera360 Ultimate – PinGuo Inc.
 少し解像度は下がります(1383×1037px)が、エフェクトもいろいろダウンロードして使えるようになっています。



【レビュー記事】
Camera360 撮ってすぐ加工したい人向けのiPhoneカメラアプリ。撮影機能良しエフェクト豊富チルトシフトまで可能

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  1週間ほど間が開いてしまいましたが、前回のiPhone 12 Pro Max用のMomentケース…
  2.  だいたい年末くらいには届くことを想定していたのですが、ホリデーシーズンのセールがあったせいか生産が…
  3.  気分によって、普段持ち歩くiPhoneの壁紙を変えたいという人は多いかもしれませんが、私もそのひと…
  4.  ここ最近は、以前欲しかったけど在庫無しで買えなかったものが復活していることが多くて嬉しいかぎりです…
  5.  ずっと在庫切れだったものが買えたことは、年始に報告しましたが、届きました。Anker Magnet…
  6.  今年の初売りセール。Amazonはある程度、自分の中では抑えたほうだと思います。ユニクロ、昨年もお…
  7. 1月2日から始まったAmazonの初売り。今年は無駄なものは買わないと思いつつも、あっコレ必要とい…
  8.  前回からの続きになります。前回はMOFTのウォレットスタンドだけ紹介しました。今回は、Apple純…
  9.  MOFTから登場したMagSafe対応のマグネットでiPhone本体や、MagSafe対応ケースに…
  10.  受け取りまで時間があったので、誰もいないフロアで、ソーセージエッグマフィンセットを食べた後、10時…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る