スポンサーリンク
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
スポンサーリンク

Mactremのケラレの少ないと噂のクリップ式 超広角レンズ (とマクロレンズ)を iPhone 7 Plusに試してみました。

カメラグッズ
カメラグッズ

 昨年末のAmazon.co.jpのCYBER MONDAYで購入したコンバージョンレンズをiPhone 7 Plusに付けて試し撮りしてみました。意外にこれが良かったのでレビューします。
コンバージョンレンズ。昔はイザワオプトさんやGIZMONさんだけでしたが、今ではいろんなところから出ています。その中でも便利なのがクリップタイプで、ケースを選ばずにインカメラ・アウトカメラ関係なく付けれて便利ではあるものの、ケースを付けるとボケて使えなかったりして駄目なものも多くあります。ケースを外して直接iPhoneに付けるとバッチリだったりしますが、落下のことも考えるとなかなかそうはできません。
 今回、駄目元で買ってみたレンズがこちらです。

 実際に箱を開けておどろいたのがレンズの大きさです。

 通常の売ってるコンバージョンレンズと比較してみます。

 小さい方のレンズも使えないこともないのですが、iPhone 7 Plusの場合、アウトレンズ(外側)レンズは2つあるので、なかなか合わせるのが難しいのですが、これだけデカイと合わせるのに苦労しません。
 そしてこのレンズ見た目一眼カメラのレンズを小さくしたかのような作りで、レンズの両側に一眼レンズっぽいカバーが付いています。

 これにクリップのアタッチメントを付けてiPhone本体に挟んで付けます。実際に挟んで見ても重みでズレていくということもなく、iPhoneを持って撮影が可能です。これが約2000円程度のものなので満足です。

 iPhone 6sも並べてみます。

 レンズを取り付けるクリップもしっかりしています。このクリップ部分にレンズを回して付けると使えます。

 ケラレなしということで試してましたが、アプリを使って撮影しました。このアプリはRAW保存も可能です。


Focus – RAWマニュアルカメラとフォーカスピーキング
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 240円


 最初にノーマルです。赤い印はフォーカスが合っているところを指します。

 こちらはこのレンズを付けてみたところです。

 ケラレは確かに少ないですが、四隅に影が現れることがあります。そんなときは少しだけiPhoneのカメラアプリ側で倍率を上げると四隅の影が消せます。

 そして、このレンズの真ん中4くらいのところを回すとマクロレンズになります。

 マクロレンズで撮った写真はこのくらいになります。

 ちなみにMactremのレンズは2種類あって、どちらもスペックは同じなんです。古いものと新しいものになります。

 こちらは古い方で、その分安くなっています。

 こちらは今回使った方で新しい方になります。

 予想外に撮ってみてよかったので、撮影のときには一緒に持ち歩こうと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
/div>
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました