Moment × iPhone 11 Pro (2):Tele 58mm Lensとアプリで梅の撮影

購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。今の時期、私のところでは梅がきれいに咲き始めているので真っ先にこのレンズを使い始めました。


 最初に紹介するMomentのレンズはテレレンズ(Tele Lens)、58mmの望遠レンズです。ここでiPhone等の二眼レンズを使っている場合の注意点としては、当然ながら1つしかレンズは取り付けられないので、1眼しか使えないということです。
 取り付けて標準のカメラアプリでレンズを着けて、2倍で撮ろうとするとこんな風になることもあります。

iPhone自体がカメラを複数駆使して撮るので、レンズを使うのであれば、レンズを指定できるアプリで使う方が良いです。過去に指定ができるアプリを含めたカメラアプリを紹介しているので参考までに紹介します。

 ちなみに、以前紹介したUlanziのケースは、もともと二眼で使えるようになっているので問題はありません。

MomentのTele 58mm Lensの特徴


 Momentのサイト(海外)から特徴を紹介します。
Moment – Telephoto Lens for iPhone, Pixel, and Galaxy Phones

最新のApple、Google、SamsungおよびOnePlusデバイスで動作します。
デュアルレンズデバイス用に最適化されているため、Moment Pro Camera Appを使用して、シングルレンズカメラまたはデュアルレンズのワイドサイドにマウントすると最大2倍の光学ズーム、iPhoneの望遠レンズにマウントすると最大4倍の光学ズームを実現できます
航空宇宙グレードの金属と、ハイエンド4Kフィルムレンズに使用されているのと同じ手研磨ガラスで作られています。

 だから価格も比較的高いと納得できますが、高額ズームの比較の写真は、撮ってきたので、後で紹介します。ここで言っているMoment Pro Camera Appは以下のアプリになります。


Moment – Pro Camera
カテゴリ: 写真/ビデオ
掲載時の価格: ?730



MomentのTele 58mm Lensの仕様

 詳しいところは理解していませんが、サイトに載っている情報です。対象が近いと当然ながら望遠なので逆にボケます。
相当焦点距離(iPhone XSワイド)-58mm、最小焦点距離 – 7.25 “(184.15mm)
側方色収差 – エッジ<1px、光学設計-すべてのガラス、6要素、4グループ
レンズコーティング-多層、低フレア、広帯域反射防止
解像度(軸) – 300+ LP / MM、解像度(エッジ) – 200 LP / MM
低歪み – <0.75%、テレビの歪み(1%光学)
F / 1.8レンズ用に設計
高さ:27.58mm 重さ:73.1g 直径:39.5mm

MomentのTele 58mm Lens開封

 付属品は、レンズキャップ(外側のレンズ用)とマイクロファイバーキャリングバッグです。ちょっとしたレンズの汚れを拭くのも便利です。写真ではレンズキャップが無いですが、マイクロファイバーキャリングバッグに包まれるように入ってます。


 iPhoneの望遠レンズ側にMomentのレンズを着けたところです。重心はレンズ側に寄りますが、撮るときにはバンカーリング(Amaozn)を使用していると楽です。

 ちなみに、今回いろんなものを入れて持ち歩くのに使ったAmazonベーシックの小物ケースは便利だと思います。外側が硬いので安心感があります。私が購入したのが2014年3月なので、6年になりますが、もう一つくらい買っておいて良いかなと思ってます。

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥1,495 (2021/06/23 13:26:31時点 Amazon調べ-詳細)

望遠レンズの比較

 ここではMomentのTele 58mm LensとiPhone 11 Proの望遠レンズを比較したので紹介します。あと、おまけでiPhone 11 Proのメインの広角にもこのMomentのTele 58mm Lensを着けて撮ってみました。
 最初はメインの広角レンズと望遠レンズの比較です。画面中央のアイコンを左右にスワイプすると違いがわかります。

 そしてiPhoneの望遠レンズMomentのTele 58mm Lensの比較です。私が欲しかったのはこのズーム。

一応、iPhoneメインの広角レンズにMoment 58mm Tele Lensを着けたものも比較しました。iPhoneの望遠レンズのみよりも若干遠くになりますが、その分撮影範囲が広くなってます。

 実際に撮るときに使ったアプリは、上で紹介したMoment Camera Appです。画面の左上でTele 58mm Lensを使うようにセットして(この違いは詳しくはわかりません)、右上のレンズを各々切り替えています。
 こちらはMoment Tele 58mm Lens使用で望遠(2x)のレンズを使う場合。

 こちらはMoment Tele 58mm Lens使用で広角(1x)のレンズを使う場合。

梅の撮影


 うちの近所の梅は高い位置にしか咲いているのを見たことが無いので、iPhoneの望遠でなんとかって感じだったのですが、また少し楽になりました。望遠で撮るときのボケが好きで、どんな感じで撮るかを考えるのも面白いです。(上の梅の写真はサイズは小さくしていますが、無加工です。)
 そしてMoment Camera Appを使って撮影したときには写真のExif情報には、その情報が記録されます。ただ使ったレンズはアプリ側でセットしないとここには反映されません。ただ記録を撮る場合にも便利だと思います。

今回使ったもの達

 レンズと一緒にケースも必要です。レンズを持っているとスマホが変わったときにもケースだけ買い換えればレンズが使えるのが良いと思います。Amazonでもレンズやケースは売られていますが、サポートがよくわかりません。以前はShopMomentで買うほうが断然安かったのですが、今はAmazonの方が安いですね。
Moment – Telephoto Lens for iPhone, Pixel, and Galaxy Phones




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  4月30日に発売された紛失防止のためのAirTag。私は予約開始日に予約していましたが、刻印を追加…
  2.  iPhone 12 Pro Max用Momentケースを購入した時には、販売されることがわかってい…
  3.  先月、紹介したenGMOLPHYのMagSafe対応ベースプレートとスマホリングの組み合わせ。すご…
  4.  昨年と同じコロナ禍での花見シーズン。昨年同様、朝早くiPhoneを持って、近くの河川敷で桜を撮って…
  5.  MagSafe対応のスマホリングをずっと探していました。それで結局MOFTのマグネットスマートホン…
  6.  緊急事態宣言が延長になり、2週間後に本当に解除になるのか疑問なところですが、うちではまだ在宅勤務が…
  7.  BelkinのBOOST↑CHARGE PRO 2 in 1ワイヤレスチャージャースタンド [Ap…
  8.  M1 MacBook Airを購入し、届いてから約2ヶ月。開封よりも先にやることが多くて、今週、月…
  9.  1週間ほど間が開いてしまいましたが、前回のiPhone 12 Pro Max用のMomentケース…
  10.  だいたい年末くらいには届くことを想定していたのですが、ホリデーシーズンのセールがあったせいか生産が…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る