探す手間と時間を減らすためにTIle PROとTile Slimを購入

 少し前に財布を購入した記事を書きましたが、その中で紹介したTileの話になります。Appleから紛失防止タグが発売か?という話があって待っていましたが、その話も聞かなくなったので年末の財布を購入したタイミングでTileを購入しました。

 長財布にしてから財布を落とすことは無くなりましたが、別に持っていた定期入れを紛失することがしばしばあり、今回定期券を財布と一つにするので、きっと紛失するだろうと、また家で紛失した際に探す時間も手間も面倒というのがありました。(一番良いのは、いつも同じ場所に置くことですが、これも時々ふっと忘れることがあるので)。

Tileとは

 Tileは紛失防止のタグ(カード)で、Apple製品を持っている方は理解しやすいと思いますが、iCloudだと「iPhoneを探す」、iOSデバイスだと「探す」アプリがあると思います。それで探すデバイスの音を鳴らしたりできると思いますが、それと同じように、自分の持ち物につけることでTileアプリからその場所を特定したり、音を鳴らしたりできるモノです。
tileのサイト

Tileの特徴(Webサイトより)

  • 探し物&スマホを音で探す
  • アプリからTileを鳴らす&Tileからスマホを鳴らすことができます。

  • 最後に検知した場所を記録
  • Bluetooth®通信が最後に途切れた場所をスマホ内アプリの地図に表示するので、落とした場所がわかります。

  • 世界最大級のTileコミュニティーに参加
  • 世界中のTileユーザーがあなたのTileを検知すると、アプリにお知らせしてくれます。
    (クラウド経由なので個人情報が他人に知られることはありません。)
    ※Tileコミュニティーは探し物の発見を保証するものではありません。

  • Siriショートカットに対応
  • 「鍵を探して」などでTileを鳴らすことができます。

  • 「Amazon Alexa」や「Google アシスタント」搭載のスマートスピーカーに対応
  • Tileの種類

     現在販売されているTileの種類は以下の通りです。電池が交換できるものとできないものがあります。交換できないものは小さかったり薄かったりします。

  • Tile Mate(電池交換版)
  •  交換電池はCR1632、電池寿命は1年、最大接続距離は約45m。

  • Tile Mate(2020)電池交換版
  •  交換電池はCR1632、電池寿命は1年、最大接続距離は約60m。

  • Tile Pro(2020)電池交換版
  •  交換電池はCR2032、電池寿命は1年、最大接続距離は約120m。

  • Tile Slim(2020)
  •  薄さ2.7mmのカードタイプ。電池交換不可、電池寿命は3年、最大接続距離は約60m。

  • Tile Sticker(2020)
  •  ボタン型タイプ。電池交換不可、電池寿命は3年、最大接続距離は約45m。

    tileアプリ

     Tileを使って管理するにはtileアプリが必要です。ただ、Amazon AlexaやGoogle アシスタントにも対応しているので、スマートスピーカーだけでも使えます。


    Tile – Find lost keys & phone
    カテゴリ: ライフスタイル
    掲載時の価格: 無料


     アプリとTileの連携は非常に簡単で、アプリを起動して、Tileのボタンを押すだけでした。

     tileアプリからiPhoneを呼び出すこともできます。2回tileのボタンを押すことで、iPhoneの方に音と通知を出すことができます。これはApple Watchを持っているとあまり使わないかもしれません。

     アプリの位置情報設定は、「常に」にしておいたほうが良いと思います。しかし、実際に市内にどのくらいの人が使っているかもわかるとは知りませんでした。もし圏外で紛失した場合でもtileコミュニティで見つけてくれることもできるそうで、あまり期待はしていませんが、気休めにはなります。

     アプリから呼び出すときには、tileの音を変更することができますし、Siriのショートカットを登録しておくと、普通にSiriを呼び出して「財布探して」でtileアプリを呼び出せます。

     あらかじめアプリ内にどんなものにセットするかを選択しておくことも可能です。意外とたくさんあります。

    私のTileの使い方

     今回、私は薄いTile SlimとTile PRO(お得な2個セット)を購入しました。なお使い方ガイド(PDF)がTileのサイトにあります。
    Tile使い方ガイド


     Tile Slimは前の記事の通り、財布のカードを入れるところにバッチリ入るので、財布用に使用しています。

     Tile PROは鍵とカバンにつけることにしました。鍵はよく家の中で無くすことがあり、予備を買うまでしました。カバンはおそらく無くすことはないと思うのですが、何かあったときに最後に置いた場所(主に外)がわかるだけでも、そのとき何をしているかわかるので最大接続距離120mの威力に期待したいと思います。
    そこまで距離にこだわりがなければ一つ古いTile Mateもしくは新しいTile Mate(2020)が良いかなと思ってます。次は書類などをいれているクリアケースなどMateで管理すると思います。



     まとめ買いがお得ですが、そんなに必要ない場合は単品売りもあります。


     Stickerは私は使う機会無さそうですが、自転車など持っていると欲しくなりそうです。

    Tileの外観

     ミンティアと一緒にTile PROとTile Slimを撮ってみました。薄さはTile PROとミンティアほぼ同じです。Slimは圧倒的に薄いです。

     鍵に付けるTile PROだけはもしかするとよくモノに当たったりして壊れやすいかもしれないと思い、1つだけケースを購入しました。カラビナも付いていて鍵に取り付けやすいです。


     これで、鍵や財布を探す時間が短縮できて、手間もかからなければ良いなと思います。また何かtileでの出来事があれば報告したいと思います。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

    ARCHエンジニア

    投稿者プロフィール

    1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

    この著者の最新の記事

    関連記事

    コメントは利用できません。

    ピックアップ記事

    1.  4月30日に発売された紛失防止のためのAirTag。私は予約開始日に予約していましたが、刻印を追加…
    2.  iPhone 12 Pro Max用Momentケースを購入した時には、販売されることがわかってい…
    3.  先月、紹介したenGMOLPHYのMagSafe対応ベースプレートとスマホリングの組み合わせ。すご…
    4.  昨年と同じコロナ禍での花見シーズン。昨年同様、朝早くiPhoneを持って、近くの河川敷で桜を撮って…
    5.  MagSafe対応のスマホリングをずっと探していました。それで結局MOFTのマグネットスマートホン…
    6.  緊急事態宣言が延長になり、2週間後に本当に解除になるのか疑問なところですが、うちではまだ在宅勤務が…
    7.  BelkinのBOOST↑CHARGE PRO 2 in 1ワイヤレスチャージャースタンド [Ap…
    8.  M1 MacBook Airを購入し、届いてから約2ヶ月。開封よりも先にやることが多くて、今週、月…
    9.  1週間ほど間が開いてしまいましたが、前回のiPhone 12 Pro Max用のMomentケース…
    10.  だいたい年末くらいには届くことを想定していたのですが、ホリデーシーズンのセールがあったせいか生産が…

    カテゴリー

    アーカイブ

    Powered by

    ページ上部へ戻る